カートンの反りを少なくするためには接着剤を知ろう!

  • 2015.06.15 Monday
  • 21:44


さて、カートンの紙の目が分かったところで、次はカートンをいかに反らずに仕上げるかっていう問題です。

 

なんでカートンが反るのかって言ったら、接着剤の水分が入って膨張するからですよね。

あ、あとカートンの保存状態が悪くて知らずにお家の湿気取りになっていて、カートンが歪んでたってこともありますのでご注意を。特にこれからの梅雨時期なんかは特にカートンはいい湿気取りとして活躍してたりしますので気を付けてくださいね。

それと、2mmと2.5mmのカートンだったら厚みがある分もちろん2.5mmカートンの方が反りは少ないです。

なので、カートンのカットを考えたら2mmがラクだけど、反りや仕上がりのシッカリ感をだすのならカットは辛いけど断然2.5mmのほうがおすすめです。

 

で、とにかく反らせない為には水分を出来るだけ少なくすればいいのです。
 

そこで、まずは糊の種類は何があるかっていうと、私が一番よく使っているのはコニシさんのCH18番。
どんな糊かは、
酢酸ビニル樹脂系エマルジョン形接着剤(主成分が酢酸ビニル樹脂で溶剤が水(50%〜60%))
乾燥被膜がたわみ性に優れ、透明性に富み、耐水性・耐熱性が余り高くないと言われています。
で、
乾燥固形型(水分溶剤が揮発により硬化する)ph57なのでやや酸性って感じですかね。ちなみにPH7が中性です。

 

そのほかでおすすめなのは、フランス製のL' ECLAT DE VERRE(レクラドヴェール)の中性ボンド。
コニシさんの木工用ボンドに慣れてる私は最初にこれを使った時は感動しました。滑らかで伸びが良くて水分が少ないので反りにくいし接着力が強い気がします。

でも、普段使いで使うにはお高いですので、オーダー作品やここ一番!!の時に使います。

 

国産で中性にこだわるなら、サクラノール。サラサラしてて伸びは良いけどすぐ乾いちゃうのでウカウカしてられない。あと接着に時間がかかる気がします。布より紙との相性が良い気がします。

 

中性糊と酸性糊では酸性だと酸化しやすいと言われてますが、10年前にコニシさんのCH18で作った作品が黄ばんでる気はしないんですけどねー。布や紙の色褪せは感じますが。。。はたしてこれがボンドのせいなのかな?

もし、そうならこれもいい味が出てる気がしますが、気になる方はL' ECLAT DE VERREをお勧めします。

 

文字ばっかりですこぶる評判が悪いですが、皆さんのカートンを反らせないために
もう少し続けますよーあ
メンドクサって言わずにちゃんと読んでおいてくださいねー
めずらしくマジメに頑張ってるんだからさぁ〜ちゅん
 

GIFT&LESSON of PreservedFlower・Cartonnge〜atelier Beau Cadeau〜
少人数制で楽しくカルトナージュ教室やってます。新規生徒さん募集中です!
出張レッスン、オーダーギフト作成もご相談ください(HP問い合わせからどうぞ


にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド教室へ


 
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM